鍵を握る正しい洗髪法

ご自身の体質と髪質にマッチしたシャンプーをご用意いただいたのであれば、次に要となるのは「正しいシャンプーの使用法」「正しい洗髪法」に他なりません。どれだけ優れたアイテムを入手したとしても、肝心の使用方法が間違っていれば、十分な効能が得られぬばかりでなく、時に更なるリスクを招き寄せ兼ねません。

新たなシャンプーに切り替えられた際の皆さんの心理状態は当然、一刻も早い効能の実感と髪の乾燥の改善に1点集中しがちです。結果として効果の実感を焦るあまり、過剰な行為に及んでしまわれる方々が残念ながら見られますので要注意です。適量を越えて毛髪や頭皮に塗布する、洗髪回数を増やしてしまうなどはいずれも、頭皮や毛髪の表面を乾燥させ兼ねぬ誤った行為です。またより確実に浸透させようとの意識が、乱暴な洗髪や頭皮への刺激の与え方に繋がってしまうのも危険です。とりわけ頭皮の表面を傷つけてしまい、そこから雑菌が入り化膿するなどのリスクが否めません。

更にこうした悪しき刺激に対し、頭皮細胞は当然自己防衛に及び、皮脂のイレギュラーな分泌などに繋がってしまいます。正しく保湿する上で忘れてはならないのは、何より繊細な対処です。髪と頭皮をいたわる気持ちを忘れず、使用上の注意を遵守から、中長期的な継続使用を通じ、徐々に効果を実感してください。